仮想化基盤の仕組みについて

企業では運用するコンピューターがどこにあるかということで流れが変わることがあります。

ITシステムに関わる人は描く人や作る人や動かす人と言うことになります。
そしてコンピューターは運用をする物となっています。

ITシステムの役割分担は、運用するコンピューターが作る人から来て、作る人が作ったITシステムを動かす人である運用に渡すと言うようになっています。

ここで大切なことは作る人が作ったコンピューターという物はハードウェアだけではないという点です。



コンピューターにはOSやソフトウェア賀入っているので処理ができる状態となっています。ハードウェアを購入し、そこに必要なソフトウェアを入れてさまざまな動きができるようになり、ITシステムが運用するようになっています。
ここに仮想化基盤という物が導入されると、物理コンピューターのハードウェアをすでに保有していると言うことなので、新しくハードウェアを購入する必要がないのです。

BIGLOBEニュース情報ならこちらのサイトです。

すでに存在している仮想化基盤にリソースに余裕があれば、仮想コンピューターを作ることもできます。

仮想化基盤とは基盤を仮想化した物となっています。


ITインフラと呼ばれることもありますが、スムーズに仮想化基盤のシステムを導入するにはコンピュータの仕組みをしっかりと理解しておく必要があります。
ここでは事前に仮想コンピューターの配置を把握することができるので、万が一の際の影響範囲を特定して素早い対応ができます。