仮想化基盤サービスのメリットと役割

パソコン分野の技術の進化は凄いもので、インターネット高速回線の普及と共にソフトウェア技術も進化していきます。

その進化の象徴として仮想化基盤の技術があります。



この仮想化基盤とは、仮想環境上でOSとそれに接続されているCPUやメモリ、HDDなどのパーツも再現することです。この仮想化技術でどんなメリットがあるかというと、それぞれのハードウェアパーツを換装することなく設定をするだけで変更できます。仮想環境というものはソフトウェア上で動いている環境ですから、あくまでそれぞれの部品をシミュレーションしているのに過ぎませんが、その完成度が高ければ本物見分けがつきません。



一言で言うならOSの中でOSを動かすというのがこの技術の肝心なところであります。全ての要素をシミュレーションして再現することで意図的に特殊な環境を作り出すことも可能になります。
それはソフト開発の実験をする環境としても役に立っていて、環境情報を保存しているファイルは仮想HDDデータであり、一つのファイルとして存在していますからコピーも容易です。

そのため、コピーすればそのままバックアップとなり、複製をいくらでも作り出すことが出来ます。

もし仮想環境が壊れても、データをコピーするだけ環境を復帰できます。

livedoorニュースの最新情報が知りたい方にはこちらです。

仮想化基盤とは、自由度が高くソフト開発の実験場としても適したソフトウェアの革新的な技術と言えます。


他にも、この技術はサーバ分野やクラウドサービスでも役に立っています。