仮想化基盤はWEBサービスを運営するのに便利です

仮想化基盤とはOSやハードウェアをソフト上で再現した仮想化環境のことです。


この仮想化基盤の技術はビジネスの世界で広く利用されています。
インターネットの回線速度が上がりパソコンの普及に従い、ネットワークサービスも大きな進化を遂げました。

その革新的技術として仮想化基盤サービスが大きな影響を与えています。



OSの仮想化をするとどんなメリットがあるのか、どのような使い方ができるのかを説明していきます。

仮想環境とは本来ならば物理的な機械が必要なものを、全てソフトウェア上の環境でシミュレーションし再現するこを可能にします。



このおかげで、物理的な機械を搬入する必要がなく、また購入する必要もないので事業を進める上で大きな節約になります。

これらのメリットを活かし追求を重ねていった末に、仮想サーバサービスが広く普及することになります。


クラウドサーバと呼ばれているようなサービスはこの仮想化基盤の技術が元になっています。

サーバでは冗長性を確保し、ソフト的に設定を変更することで、サーバの内容を書き換えることが出来ます。

そうすると、利用者に提供しているプランを自由自在に変更することが容易になります。

具体的には、最小限のプランを契約している利用者が、サービスを中断すること無く、もっとアクセス数を裁けるように上位のプランに変更が可能になるということです。



このおかげで、サーバ移転の手間などが飛躍的に削減できることになりました。